皆さまお久しぶりですがお元気ですか?


台風が直撃している都道府県にお住まいの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
くれぐれも台風が過ぎ去るまで慎重に、お怪我に気を付けてください。


東京も昨日から少し気温が下がり、日が暮れるのも早くなったな~と感じております。
気温の差が激しい時期ではあるかと思うのでお体ご自愛くださいね。


さて!本日はお問い合わせを多数いただいております経年変化とケアについてスタッフの財布を借りてお伝えしたいと思います。
こちらのスタッフはマットクロコダイルラウンド長財布(Type2)という商品を購入し約1年間使用してました。

 

IMG_3624

同じナイルクロコダイル革のブラックなのですが左の方が色が深く光沢が出ているのですがお分かりいただけますでしょうか。※引手は交換しています。
いわゆる経年変化により質感が変わっています。ツヤ感が増しているのがお分かりですね?

中にお札やカードを入れていたので芯材が馴染んでシルエットに張りも出ています。また、表面にツヤが出ております。
シャイニング加工の商品ほどのツヤ感はないのですがマット加工の初期状態よりも光沢があります。
ツヤがあるからといっても自然のものですのでさりげなく高級感がアップする感じなのも良いですね。

当然デイリーでガンガン使っているものなので表面に小キズは多数ありますがそれも『革のあじ』だとスタッフも言っております。



マット素材の場合の風合いの変化は使い込むと手の油により光沢がでます。ただ、例えば汗で濡れた手で頻繁に革に触れた場合、光沢が出なくなるケースもございますので水分には十分ご注意ください。

並行して別に使用していたプレミアメイドラウンドファスナー長財布エレガンテもあるのですがこちらは逆にマットな質感になっています。これはこれで手に馴染みがよく気に入っているとのことでした。
グレージング素材の場合は表面のツヤを出しているコーティングが徐々に収まっていく感じで落ちついてくるのが特徴です。この場合は再仕上で光沢を出すことは可能ですがそのままご使用いただいても面白いかと思います。

 

因みに「クロコダイル革の商品ってケアが必要なんでしょ?」とお電話でも聞かれます。
勿論角やヘリ返し箇所など擦れるので気を付けて使っていただくことは大前提です。

クロコダイル革自体は丈夫なのですが使い方によっては他の革と同様傷んでしまいます。
例えば男性の方ですとジーンズ等の後ろポケットに入れてらっしゃる方も多いかと思いますが弊社は型崩れや擦れの原因になりますので一切おすすめしておりません。

東京クロコダイルスタッフも『パンツのポケットに入れない、気が向いたら乾拭きする』くらいで特別なことはしていないとのことでした。

クロコダイルを含めて革の醍醐味は使い込んでいけばいくほど、自分だけのオリジナリティー溢れるお財布に育っていくことかと思います。

マットクロコダイルと異なり、圧倒的な高級感がウリのシャイニングクロコダイルのツヤを維持してお使いいただきたい場合はかなり慎重にお使いいただく必要があります。使用後の乾拭き等、意識してお使いいただくことが大切になります。

IMG_3621

存在感がありますね



東京クロコダイルのお財布はセンター一枚取りタイプが多いため、贅沢な継ぎのない一枚取りで自分だけのオリジナリティ溢れるお財布を育てていただくことが可能です。

また、人気のマルチケース、名刺入れ、小銭入れは逆に職人の裁断により世界に一点の鱗のバランスになりますのでそちらにも楽しみがあります。

東京クロコダイル製品に関わらず皮革製品全般に言えることですがお使いいただき革の表情の変化を愉しみながら長く使い込んでいただければ幸いです。

 

以上、東京クロコダイルでした。